コーポラティブ

コーポラティブは、いわばオーダーメイドマンションです。
マンションの経済的メリットと戸建ての自由度を兼ね備えていることが魅力です。

コーポラティブとは、共同組合方式によって住宅を建築することです。

志向を同じくする複数の人が建設組合を設立し、協同して事業計画を進め、敷地の取得や建物の
企画・設計、建築工事の発注などを自力で行ない、住宅を取得し、管理していく方式を指します。

そのようにして建てられた共同住宅をコーポラティブハウスといいます。簡単にいうと、
気の知れた仲間と一緒に、自分たちの共同住宅をオーダーメイドで建てるというイメージです。
実現させるには手間と時間がかかりますが、自分の暮らしに合った住宅を注文住宅感覚で実現できます。

お隣や上下にどんな人が住むことになるかわからない分譲マンションと違い、そもそも志向を同じくする人が集まって建てるのですから、
初めから連帯感が強く、良好なコミュニティーを形成していくケースが多いのが特徴です。モデルルームや広告宣伝、
販売会社などの経費が必要ないので、純粋に建設コストがそのマンションの価格であるという分かりやすさもあります。
私はこちら→で詳しい事を調べました。

自由度が一番のメリット
なんといっても、コーポラティブの一番のメリットは自由度にあるといえます。
土地の購入段階から自分たちで事業を進めるのですから、住いに対するこだわりやわがままを実現することも可能になります。

例えば、「バルコニーに露天風呂が欲しい」「内装仕上はすべて珪藻土で」なんていう希望はもちろん、
「時間を気にせず、思いっきりピアノの練習がしたい」なんていうことも、あらかじめ周りに住むことになる人々と話し合い、
さらに遮音・防音工事を行なうことで可能になるかもしれません。ペット好きの人たちが集まれば、共用部分にドッグランをつくるようなことも可能です。

DY043_L