リフォームに対応

基本的には、リフォームにまったく対応できないプランというものはないはずです
が、ここではリフォームしやすいようにできているプランの特徴をあげてみましょう。
まず、間取りの特徴です。

⑪コンクリートの界壁(隣の住戸との間の壁)や外壁に囲まれている専有部分の平
面の形が、できるだけ凸凹のない間取りのほうがリフォームしやすいといえます。
②水まわり(浴室・洗面所・厨房・便所)がひとまとまりのほうが、残りのスペー
スを自由に計画しやすいです。水まわりは移動するのが難しい場合もあり、移動
ができても移動距離に制限が生じる場合が多いからです。
③「PS」と一般的に表示されている、パイプシャフトの位置に注目してみましょ
う。これはコンクリートの壁で囲まれていない場合もあり、壁を壊すことは物理
的には無理ではありませんが(そのマンションの規約によります)、この中に縦
に上階から下階へ通っている配管類は共用部分ですので、配管の位置を動かすこ
とはできません。ですから、このPSがひとまとまりになっていないと、リフォ
ームの計画はかなり拘束されます。少し前のマンションの多くは、建設効率のよ
さから水まわりもPSもひとまとまりでしたが、このごろの個性的なプランのマ
ンションのなかには、住戸内にPSがあちこちに点在しているものもあります。

共用部分となる棡造体と、内装や設備などの専有部分を明確に分離したSI住宅。リフォームの自由度は高くなる

③住戸の一方向だけが外部に面しているのではなく、角部屋など、2方向が外部に面しているほうが、部屋の配置に自由度があります。
私は→家 高く売る で情報収集しました。

DY081_L